ハワイアンファブリックについて

綿ポリのハワイアンファブリックは
シルクスクリーンによる印刷(Tシャツなどでよく使われる顔料インクの印刷)と
一から染色するローラープリントによる印刷があります。

生地本体は一緒なのですが
インクの、のり具合で厚くなったり薄くなったりする様です。

全体に顔料インクがのった物は厚くなりますし
ローラープリントや裾柄だけの物は薄くなります。
また薄い色より濃い色の方がインクが多くなるので厚い様です。

綿ポリの生地は綿とポリエステルの混紡なので
繊維への塗料の浸透力が違います。
よって上からのせる顔料インクが多い様です。
(但し、赤地に白い顔料インクがのったりすると白い部分にキズが入りやすくなります)

なにぶん海外の生地ですので
堅牢度の低い物も稀にあります。
仕方がない様です。。。

予めご了承下さい。